ドラゴンボール超ではネタキャラとしての不遇の扱いを受けているサイヤ人の王子、ベジータ。

楽しいビンゴ!楽しいビンゴ!ヘイ!!

ブロリー ベジータ

ま、なんというか、殻を破った感じがして嫌いじゃないけどね。

 

そんなベジータ王子ですが、実は以前のドラゴンボールの時代からヘタレキャラとしての面を見せてくれた場面がありました。

それが伝説の超サイヤ人、ブロリーと戦う劇場版での一コマ。

 

誇り高きサイヤ人の王子ベジータがこんなこと言わんだろ!!

というようななかなかのヘタレっぷりを出してくれている貴重なシーン。

あまりにもキャラ崩壊してるので今では「ベジータの名言」とまで言われてるセリフをまとめてみました。

 

ベジータのキャラで営業マンとしてこれ言っちゃったら大変なことになるで!的なシチュエーションも書いてみた。

 

スポンサーリンク

 

ブロリーとの戦いのあらすじ

まずはブロリーとの戦いのあらすじをちょっと書きますね。

地球で暮らすベジータの元にサイヤ人の生き残りのパラガスがやってくる。
パラガスは部下を引き連れて新惑星ベジータの再建をベジータに提案し、そこの王になってほしいという話を持ってくる。
ベジータその気にになり、新惑星ベジータへ行く。
そこでパラガスの息子としてブロリーが登場。
ベジータ王国と言うのはパラガスの罠で、本当の目的はパラガスの宇宙征服の野望に対してベジータが邪魔だったため、隕石が衝突する新惑星ベジータと一緒に始末する計画だった。
一緒に来ていた悟空にブロリーが反応し、伝説の超サイヤ人であることが発覚。
ブロリーは暴走して悟空たちを襲うが、あまりにも強すぎでベジータ戦意喪失。
やる気0になったベジータが発した言葉が名言に。

ブロリーの強さがとてつもなくて絶望感あふれるいい映画でしたね!

 

ブロリー編のベジータ名言

あまりにも強すぎるブロリーに次々打ちのめされていくZ戦士たち。

その様子を目の当たりにしてサイヤ人の王子ベジータが発したのが・・・

 

やめろ!勝てるわけない!あいつは伝説のスーパーサイヤ人なんだぞ!

う・・・うわぁ・・・・・もう駄目だ・・・・・おしまいだぁ!

み・・・みんな・・・逃げるんだ・・・勝てるわけがない!

なぜだ・・・・なぜ戦うんだ・・・・勝てるわけないのになぜ戦うんだ・・・

 

ベジータ 名言

 

新惑星ベジータの話がパラガスからあったときのテンションはどこいったんだよぉぉぉ!!(笑)

ドラゴンボールのお話の中で唯一ここまでヘタレたのがこのブロリーとの戦いでした。

 



スポンサーリンク


 

もしもこのテンションのベジータが営業マンだったら

この展開って、営業の世界でも割りとあるっちゃぁあるんですよね。

他の業界である程度売れてきた人が他の業界に転職して、本人は自信があるからめちゃくちゃ大口を叩くけど実際やってみたらうまくいかなくて最終的にヘタるという(笑)。

あるあるーー!!

 

オレはサイヤ人の王子、ベジータ様だ!→今まで◯◯を年間◯◯万売ってきました。営業成績はトップでした。

カカロット、でしゃばるんじゃない!→(先輩に教えてもらった時に)あ、いえ、大丈夫です。経験上だいたいわかるんで。

カカロット!俺がやつを倒してみせる!いいか、手出しは無用だぞ!→同行とかいいです。1人で行ってきます。

な・・・何!?→あれ、おかしいな、うまくいかないぞ・・

下級戦士は戦っているのに・・あああ!俺がベジータだ!!!→他のみんなは取れてるのに・・・なんでオレが取れないんだ!?

もう駄目だ・・・・・おしまいだぁ!→あぁ・・ダメだ・・取れない・・

 

なまじっか経験のある営業マンはこのパターンになることが多いんですよね〜。

プライドが高いからその業界の先輩に教えをこうということもできなくなっちゃうという。

ブロリー編のベジータはまさにこのパターン!

 

いつものベジータはプライドは高いけど強くなるためにはなんでもするという営業マンとしては鏡のようなキャラなんですけどね!

ドラゴンボール超では強いと認めたウィスにあのベジータが頭を下げて修行をお願いするし。

これって人が成長をするときには絶対に必要なスタンスだと思います。

 

いや〜ドラゴンボールのキャラを営業に例えるのは面白い。

そしてブロリーは強すぎて好き(笑)

 

■合わせて読みたい関連記事

→ドラゴンボール超を3倍楽しむには?

→【ドラゴンボール超】ブラックの正体は悟天!?それともターレス!?

→【ドラゴンボール超】ゴクウブラックがかっこいい!強さ(戦闘力)はどれくらい?

 



スポンサーリンク