選挙権 18 いつから

日本の選挙制度が2016年度からついに改正となりましたね。

改正となったのは選挙権が与えられる年齢について。

今までは選挙権はすべての【20歳以上】の日本国民に与えられていましたが、その年齢が【18歳以上】と2歳引き下げられました。

凄いですねー、かなり大幅な改正になっていると思います。

 

ここまで大きく改正となると、気になるのはこの2つ。

  • 18歳以上の選挙権はいつから適用になるのか?
  • いつまでに18歳の誕生日を迎えていれば選挙権が付与されるのか?

僕ら一般市民からするとここって結構微妙なラインでわかりづらいところですね。

それぞれ具体的に書いていきますね。

 

スポンサーリンク

 

18歳以上選挙権はいつから適用になる?

まずこれ。

そもそも今回の改正はいつから適用になるのかということから書いていきます。

 

結論から言います。

7月10日の参議院議員選挙から適用になります。

 

結構直近ですね!

ちなみに今回の改正が決まったのは2015年6月17日。

この日に「公布」がされ、2016年6月19日に「施行」がされることになりました。

 

この「公布」と「施行」というのは意味合いがちょっと違っていて、法律は決まってからそれが世の中のルールとして適用されるまでに1年近くの期間を設けるきまりになっています。

ルール作ったけど、いきなり明日からこのルールね〜って言うと混乱すると思うから、適用する前に先に言っておくね〜。

来年からルールとしてガチガチにしてくから準備しておいてね〜。

というように、ちゃんと準備の時間を設けてくれてます。

「施行」がされて始めてルールとして固まる、というイメージですね。

 

で、今年の6月19日にこのルールが完全に適用になって、その最初の選挙になるので7月10日の参院選から18歳以上OKになるというわけです。

 

 

選挙権が与えられる18歳の基準は?誕生日を超えている必要がある?

「18歳以上」という言葉だけだと、どういう基準で18歳なのかが曖昧ですよね。

人それぞれ誕生日が違いますから、どの段階で18歳になっていればいいのかということを考える必要があります。

誕生日を超えて18歳になっていればいいのか、それともその年に18歳になる予定であればいいのか。

 

これも結論から言います。

選挙日翌日までに18歳になっていること、つまり選挙日翌日までに18歳の誕生日を迎えていることが選挙権を与えられる必要条件になります。

なので今回の参院選で言えば18歳の誕生日が7月11日よりも前の人だけが選挙権をもらえることになります。

そうなると、18歳と言えば高校3年生だと思うのでクラスの中で選挙にいける人といけない人でわかれるということになりますね。

「あたし選挙権ある〜♪」

「おれはないから今回行けないわ〜」

今回こんな会話がクラスの中で飛び交うことになりそう(笑)

 



スポンサーリンク


 

18歳以上には選挙運動も認められるようになった

選挙権 いつから

18歳以上に選挙権が認められるようになったのと同時に、選挙運動も認められるようになりました。

選挙運動と言うのは有権者側からすると特定の候補者への投票を他人に促すことを言います。

まぁ簡単に言うと、「今度の選挙、◯◯さんに投票してね〜」みたいなのがそうですね。

ネット上での選挙運動も最近では認められているので、SNSを使ってやっている人も多いです。

 

ただ!!

ちょっと注意しないといけないのが、18歳以下の人がこれをしてしまうと「公職選挙法」という選挙に関するルールを定めた法律に違反してしまうことになります。

なので今回の改正で今年18歳になる人が選挙権適用になる時期を間違えて、7月11日よりも誕生日が前なのにSNS等で「投票してね〜」発言をしてしまうと法律違反になってしまいますよ!!

これは自分で発信していなくても人のTwitterでのつぶやきをリツイートしてしまうことも広い意味で選挙運動に該当してしまうことになります。

 

今はTwitterやFacebookなどのSNSで簡単に不特定多数に発信をすることが出来るので、ちゃんと周りの大人が注意してあげることが大切ですね。

ホント、Twitterはちょっと前に「バカッター」っていう言葉が出来るくらいに発信される内容がまずくて話題になりましたからね・・・

若者にとっては注意してないと本当に恐ろしい媒体になりかねないです。

 

選挙権は18歳以上よりも19歳以上適用のほうがいい気がする

まだ施行してすぐの段階なので、改正をしたことでどう転ぶのかはなんとも言えないところだとは思いますが、個人的には18歳よりも19歳以上にしたほうがいいような気がするんですよね〜。

18歳って、結構忙しい年代だと思うんですよ。

学年で言えば高校3年生ですよね。

高校3年生と言えば・・・そう、受験です!

受験勉強が一番ピークに達しているのがこの時期です。

 

多くの学生がこの時期は受験のことで頭がいっぱいだと思うんですよ。

そんな中で選挙と言っても、多分深く考えられないんじゃないかな〜なんて思ってます。

僕も大学受験を経験しましたけど、やっぱり一定の時期はもう勉強だけに集中してましたからね〜。

 

なので、その時期をずらして19歳にすれば、現役で大学に入学した人は一番落ち着いてしっかりと誰に投票すればいいのかを考えることが出来るはず。

まぁ僕があんまり余裕がもてない人間だったっていうだけかもしれないですけど(笑)

とは言え選挙権の年齢が引き下がった事自体は、いろんな世代の意見が反映されていいことだと思うので、今後の行く末に期待していきたいところですね。

 



スポンサーリンク