TSU88_scss01_TP_V

ヨハン・クライフさん、今、話題になってますけど、数々の名言を残したサッカーの名指導者として有名ですよね。

まあ、僕はあんまりサッカーは見ないので正直初めて名前を知ったんですけど・・・

で、気になるのはヨハン・クライフさんの残した名言。

実際似どんな名言を残したんでしょうかね??

偉人の名言は個人的にめちゃくちゃ好きな部類に入るので、張り切って調べてみたいと思います〜www

ちなみに、ヨハン・クライフさんの名言の中で世間からの注目が高いのが、この2つのキーワードを含むもの。

「最高の技術」「動かせ」

それぞれどんな名言で、どんな意味を持つものなんでしょうかね??

 

ヨハン・クライフの名言、「最高の技術」とは?

まずは「最高の技術」を含む名言から。

これがですね〜こんな名言だったんですよ。

 

「ワンタッチこそ最高の技術だ」

 

ほおぉ・・・

シンプルだけど、深い意味があるって感じの名言ですね。

 

ちなみに、サッカーで言うワンタッチって言うのは1回のタッチだけでボールを処理するってこと。

例えば、回ってきたボールを止めずに最初のタッチでパスする、とかシュートする。

確かにワンタッチってボールが来た瞬間に何かしらのアクションを起こさないといけないから、その前までに的確に自分の周辺の状況を判断する必要がありますからね。

ボールが手元に来てからじゃ遅いので、常に周りを見えているプレイヤーではないと出来ない芸当です。

「最高の技術」と言われても過言ではないでしょうね。

 



スポンサーリンク


 

ヨハン・クライフの名言、「動かせ」とは?

お次に、「動かせ」を含む名言について。

これを含むのはこちら。

 

「ボールを動かせ、ボールは疲れない」

 

んー、いいですね!

確かに!!

と唸ってしまいましたよww

 

こちらもシンプルだけど真理をついている言葉です。

とにかく無心になってボールを動かせということですね。

これはサッカーに限らないと思うんですけど、物事に取り組んでいるとだんだん頭でっかちになって大切な行動が止まってしまったりすることがありますけど、それではいけないわけです。

 

そういう時ほど、初心に戻ってとにかく行動する。

これにつきるというわけですね。

 

まとめ

ということで、ヨハン・クライフさんの名言についてまとめてみました。

いろいろ見てると、結構シンプルな名言が多いな〜という印象です。

でも、それでこそ偉人なんでしょうね。

 

京セラの会長である稲盛和夫さんの名言にこんなものがあります。

バカな奴は単純なことを複雑に考える。
普通の奴は複雑なことを複雑に考える。
賢い奴は複雑なことを単純に考える。

ヨハン・クライフさんの名言はまさにこれを感じさせるな〜と思いました。

難しいことを簡単に伝えるのって、やっぱり頭がいい人じゃないとできないですもんね。

ヨハン・クライフさん、サッカーの名言ですけども、普段の生活の中の参考としても取り入れたいものです!

 



スポンサーリンク